仕上塗材アスベスト調査

サンプル採取方法

採取器具

サンプル採取器具
  • チャック付きポリ袋
  • 飛散防止用固化材
  • 手袋
  • マスク
  • アタッカー(のみ)
  • ハンマー
  • 簡易補修用スプレー
  • ウエットティッシュ(器具拭き取り用)
  • ビニール袋及び養生テープ(又は、使い捨て弁当箱)
  • 霧吹き(中身は水)

採取方法

  • 1. 粉じんが飛散しないように採取面に無じん水を散布(噴霧)
  • 2. アタッカーを仕上塗材表面部分から仕上塗材内部に刃先を入れ少しずつ剥離、採取する。
  • 3. 施工部位の3か所以上から1か所当たり容量10㎤程度を目安に試料を採取し、チャック付きポリ袋に入れる。
  • 4. サンプルをひとまとめにして試料番号、試料採取年月日、対象建築物の名称、施工年、採取場所(部位)、採取試料の形状(断面の層状構造)、試料採取者の氏名等、必要事項を記録・添付し試料とする。
  • 改修工事の場合は、主材(塗料)を採取します。
  • 解体工事の場合は、主材(塗料)・下塗材・下地調整塗材を採取します。(下地のコンクリート等が入らないようにして下さい)

【薄付け仕上塗材 砂壁状模様の例】
薄付け仕上塗材 砂壁状模様の例
  • 主材:塗料
  • 下塗材:シーラー、プライマー
    下地との密着性を向上させ剥がれにくくしたり、吸い込みムラを均一にして仕上がりのムラを無くすために使用されます。
  • 下地調整塗材:フィラー
    でこぼこの下地を埋め平滑にするため使用されます。
  • 下地:コンクリートなど

日本建築仕上材工業会会員会社が過去に販売したアスベスト含有仕上塗材の概要

途装の種類販売期間石綿含有量(%)
建築用仕上塗材薄塗材C (セメントリシン)1981~19880.4
薄塗材E(樹脂リシン)1979~19870.1~0.9
外装薄塗材S(溶剤リシン)1976~19880.9
可とう形外装薄塗材E(弾性リシン)1973~19931.5
防水形外装薄塗材E(単層弾性)1979~19880.1~0.2
内装薄塗材Si(シリカリシン)1979~19870.1
内装薄塗材E(じゅらく)1972~19880.2~0.9
内装薄塗材W(京壁・じゅらく)1970~19870.4~0.9
複層塗材C(セメント系吹付けタイル)1970~19850.2
複層塗材CE(セメント系吹付けタイル)1973~19990.1~0.5
複層塗材E(アクリル系吹付けタイル)1970~19990.1~5.0
複層塗材Si(シリカ系吹付けタイル)1975~19990.3~1.0
複層塗材RE(水系エポキシタイル)1970~19990.1~3.0
複層塗材RS(溶剤系吹付タイル)1976~19880.1~3.2
防水形外装薄塗材E(複層弾性)1974~19960.1~4.6
厚塗材C(セメントスタッコ)1975~19990.1~3.2
厚塗材E(樹脂スタッコ)1975~19880.4
軽量塗材(吹付けパーライト)1975~19920.4~2.4
建築用下地調整塗材下地調整塗材C(セメント系フィラー)1970~20050.1~6.2
下地調整塗材E(樹脂系フィラー)1982~19870.5

出典:日本建築仕上材工業会

サンプル分析

仕上塗材の層別分析(アスベスト含有部位が塗料部分か下地調整材部分かを調べる)も実施できます。

ご依頼方法

分析依頼書に必要情報をご記入の上、採取したアスベスト検査サンプルと一緒に弊社へ送付してください。
サンプルが到着しましたらご連絡いたします。

仕上塗材除去工事

環境省通知(環水大大発第1705301 号)では、石綿をその重量0.1%を超えて含有する建築用仕上塗材(その下地調整塗材を含む。)に関する大気汚染防止法令上の取扱いについて以下のように通知されています。

石綿含有仕上塗材について、吹付け工法により施工されたことが明らかな場合には、大気汚染防止法施行令第3条の3第1号の「吹付け石綿」に該当するものとして取扱う。 このため、これら石綿含有仕上塗材に係る建築物等の解体・改造・補修に際しては、特定粉じん排出等作業の実施の届出、作業基準の遵守等が必要となる。 また、吹付け工法により施工されたかどうかが明らかでない場合も、石綿含有仕上塗材を「吹付け石綿」とみなして、特定粉じん排出等作業の実施の届出及び作業基準の遵守が行われることが望ましい。

アスベストを含有した仕上塗材の除去工事は、各自治体により対応が変わりますので、詳細は自治体や労働基準監督署にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら