会社概要

経営理念

より多くの人を笑顔にし、満足させる

厚生労働省、国土交通省、防衛省、高等裁判所などの政府関連庁舎、自治体関連庁舎、病院施設、学校施設などの官公庁施設からビル、マンション、工場、店舗、個人宅などの民間施設まで検査実績があります。「よくわからない」という方も、複雑な手続きなどは全て弊社で行いますので、お気軽にお問い合わせください。

1.良質なアスベスト検査を最安値レベルで提供する。

精度の高いアスベスト検査を低価格で提供します。

2.無駄なアスベスト除去工事を行わない。

検査をすれば除去を行わなくても済む物件(吹付け材)が数多くあります。
昭和50年以降に建築された建物(吹付け材)は検査することをお勧めします。
アスベストが含有していない可能性が高いです。

3.お客様の立場で問題を解決する。

使用中の建物、解体物件などそれぞれのケースにより最善の方法が異なります。
お客様の状況を把握し、最善の方法(一番安く解決できる方法など)をご提案いたします。

企業情報

社名太陽テクノリサーチ株式会社
代表者大門 忠司
事業本部 住所〒921-8001
石川県金沢市高畠3丁目76番地 パールビル(自社物件)
事業本部TEL【フリーダイヤル】0120-564-569
076-256-3918
事業本部FAX076-256-3919
東京支社 住所〒115-0045
東京都北区赤羽1丁目19番11号 石井ビル3階
東京支社TEL03-6903-8353
東京支社FAX03-6893-3942
本社住所〒929-0206
石川県白山市鹿島平11番地110
メールアドレスinfo@taiyo.vc
保有資格
  • 第1種作業環境測定士
  • 環境計量士
  • アスベスト診断士
  • 水質関係第1種公害防止管理者
  • 大気関係第1種公害防止管理者
  • ダイオキシン類関係公害防止管理者
  • 危険物取扱者甲種
  • 特別管理産業廃棄物管理責任者
  • 石綿作業主任者
  • 建築物石綿含有建材調査者
  • 社団法人 日本作業環境測定協会 Aランク認定分析技術者
お支払い方法報告書に請求書を同封させていただきます。
初回のお取引は到着後2週間以内に銀行振込みにてお支払い下さい。
検査代金以外の必要料金
  • 銀行振込み手数料
  • お客様が弊社にサンプルをご発送いただく際の送料(報告書送料は無料です)
商品の取り扱い商品の特性により原則返品、返金には応じられません。

会社沿革

平成18年太陽テクノリサーチ株式会社を設立。労働局より作業環境測定機関の認可を受け石綿(アスベスト)の事前調査、アスベスト粉じん濃度測定、アスベスト含有分析などの環境分析及び食品分析を実施。
厚生労働省、国土交通省、防衛省、厚生労働省などの政府関連庁舎、自治体関連庁舎、病院施設、学校施設などの官公庁施設からビル、マンション、工場、店舗、個人宅などの民間施設までアスベスト石綿調査・アスベスト含有分析・アスベスト粉じん濃度測定を実施。
平成19年石川県立大学にてLC/MS/MS、GC/MSを用いた食品中の残留農薬・動物医薬品・抗生物質の分析方法の開発・研究を行う。
平成20年革新的ベンチャービジネスコンテスト』で『優秀起業家賞』を受賞。
平成21年水質検査の受託を経済産業省の支援を受けて開始。精度のよい水質検査を格安で行える仕組みを作る。
平成22年シックハウス測定の受注開始。
平成23年放射能測定の受注開始。
平成24年ネットショップコンテスト北陸で審査員奨励賞を受賞(4位/224社)。
(社)日本環境測定協会が実施した空気環境中の石綿計数分析クロスチェック事業においてAランク取得。
平成25年いしかわ男女共同参画推進企業』に認定。
平成26年金沢事業本部を開設。
平成29年東京支社を開設。
石川県知事より「インターネットからの受注による環境検査」で、ニッチトップ企業の認定。

ごあいさつ

代表者 大門忠司代表者 大門忠司
大学卒業後、原子力発電所で水質検査の仕事を2年間し、転職して環境検査(水質検査、アスベスト調査など)の会社で9年間働き、技術を管理する課長になりました。その後、アスベスト検査専門の会社として起業しました。

最初の年は会社の運営に思った以上にお金がかかり、つぶれるかもしれないと思いました。その時は「つぶれても家を売れば借金はなんとか返せるかな?」と考えながら、なんとか仕事をこなしていきました。2年目から利益が出始めて、仕事も順調に増えていきました。3年目、4年目も順調に売上が増えていきました。

会社に勤めていた頃は、幸せとは何なのか分からず、家族を犠牲にして会社のために精一杯働いていました。起業してからは、お金はないけど時間がある状態で、ゆっくり家族と過ごすことができ、本当の幸せとは何か考えることができました。お金がなくても幸せな気分になれることがよく分かりました。

人生の幸福度の指標は、お金が多いことではなく、【どれだけ笑えたか】だと考えています。お金があれば笑える可能性は高くなりますが、必須条件ではありませんでした。今では、自分の周囲の人たちが笑っていれば、自分も笑っていられる可能性が高いことが分かりました。
起業したての頃は借金が多く、仕事が少なかったので、飛び込みの営業をよくしました。ある時は、『石綿作業主任者』という資格試験の会場がお客様の塊だと思えて、試験会場に潜り込み、会社のチラシを講義講習の資料のように配布したこともあります。もちろん普通の飛び込み営業もたくさん行いました。それで少しは仕事が入りましたが、とても借金を返しながら家族を養えません。自分の貯金を使い果たしました。
妻の貯金も使い果たしました。

最後は子供の貯金もすべて使い切りました。友達の結婚式の2次会も飲み会も、すべて断りました。
でも幸運にも、ギリギリのところで大きな仕事が入ってきて、なんとかお金が回り始めました。
その後、自分でホームページを作りました。最初は注文なんて入るはずもなく、本屋に行ってマーケティングの本を買い込んで、毎日勉強してはホームページに反映させていきました。するとある時、ネット経由で電話があり、ものすごく嬉しかったことを今でも覚えています。その後、少しずつネット経由の注文も増えていきました。

今もまだお金に余裕はないですが、先が少しずつ見えてきました。忙しさも程よく、家族と過ごす時間もあるので毎日が幸せです。お客様から感謝されることも多く、毎日充実しております。

起業して2年した頃、石川県の職員さんから連絡があり、ベンチャービジネスプランコンテストへ出場しないか?とのお誘いがありました。前年から始まったコンテストで、テレビなどでも取り上げられていたので興味はありましたが、まさか自分が参加するとは考えたこともありませんでした。でも面白そうなので1次審査に応募しました。

すると1次審査を通過し、最終プレゼンの7人に選ばれました。プレゼン会場では、200人の観客と、10数社の銀行支店長、上場企業の社長を含む審査員10名の前で発表しました。前日のリハーサルでは緊張でマイクがうまく使えず、私だけやり直しを行いました。当日、緊張の中で発表を行い、石川県知事より優秀起業家賞を頂きました。

現在、副賞である石川県からの経営支援を受けながら、営業を行っています。その後、コンテストのプレゼンを見た経済産業省の方から連絡を頂き、経済産業省も支援を行うとの連絡を頂きました。現在、経済産業省のHP内で弊社が紹介されています。

今後は、今の事業を成功させるとともに、今までお世話になった人や、私の周りにいる人を常に笑顔にできるようになりたいです。目標としては、みんなが楽しめる自社ビルを購入し、毎日楽しく笑顔の中で暮らすことです。周囲の人が幸せになることはうれしいことですし、周りの人が笑っていれば、自分もずっと笑っていられる気がするからです。
お問い合わせはこちら