アスベスト調査実績ブログ

  • 2020.09.27

    アスベスト調査の一つにダクトフランジパッキンがあります。

     

    天井隠ぺい部にあることが多く、改修などで取り除かれたり、そのまま放置されたりしています。

    アスベスト調査時には、天井隠ぺい部全てを確認しなくてはいけないため手間がかかります。

    ガスケットもありますが、白色の紐状パッキンが多いです。

     

    ・紐状パッキン有り

     

     

    古いダクトにはアスベスト含有の紐状パッキンがありますが、新しいダクトにはありません。

    新しいダクトは、パッキン外側が金属で巻いてあります。

     

    ・紐状パッキン無し

     

     

     

    ダクトフランジパッキンの数量を数えるときは、断熱材を巻いたダクトがあると見にくいです。

    その時は、フランジ部分の膨らみを見て数えていきます。

お問い合わせはこちら